どういった点に気をつければよいか?ウェブ制作の注意点について

見る人に配慮したウェブサイトになるよう心がける

インターネットが発達し、個人がウェブ制作を楽しめる時代となりました。中には作ったことがある方もいるでしょう。ただし、多くの方が途中で更新をやめてしまうという現実があります。これはなぜなのでしょうか。これは、単純に「めんどくさくなった」という方もいると思われますが、閲覧する人が少ないため、更新することのモチベーションが低下するのも原因の一つでしょう。閲覧する人が少ないのはいろいろな原因が考えられますが、閲覧しづらいということが一つ考えられます。

ウェブサイトの無駄な効果は見る人を不快にする

自分が意図しない効果が生じると、人間は本能的に不快感を感じます。それが閲覧者数の低下につながっている場合もあるのです。例えば、ウェブサイトを訪れた際に、勝手に音が鳴ったりポップアップが表示されることは、閲覧者の意表を突くことになります。何事もファーストインプレッションが重要なので、ここで嫌われてしまっては、その人は二度と閲覧する機会はないでしょう。このようなことを避けるためには、勝手に効果が発生する仕様にしない必要があります。

文字も見やすい配色に

時々、背景が白いサイトなのに、文字が明るい色になっているために、文字が読にくいウェブサイトを見かけます。パソコンの画面を見ると目が疲れますが、このように読みづらいサイトは余計に疲れます。したがって、見づらいとわかった段階で多くの人がウェブサイトを離れていきます。これを避けるためには、見やすい配色にする必要があります。例えばオーソドックスに、背景が白の場合には黒い字を用いると良いでしょう。ウェブ制作を始めたばかりの時には、見た目で差別化を図りたくなりがちですが、コンテンツで勝負すべきなのです。これらの点に気をつけて、多くの人が訪れるウェブサイトを作ってみてください。

コンピューターに処理作業をさせたい場合に、その処理作業の内容をコンピューターが理解できるコンピューター言語に変換する事をコーディングと言って、有名なコンピューター言語に「C言語」があります。