無くてはならない?現代におけるコピー用紙

コピー用紙には大きく分けて2種類あります

頻繁に目にするコピー用紙には、非加工紙と加工紙の2種類があります。非加工紙は、文字通り何の加工もされていない薄手の紙で水に弱く、書類印刷に多く利用されています。会社やコンビニなどで利用される一般的な用紙ですね。対して、加工紙は表面に光沢処理、あるいはマット処理などが施され、コーティング紙とも呼ばれています。これは写真や絵画、イラスト印刷に利用されることが多いため、非加工紙に比べると厚く、しっかりとした物が殆どです。

印刷以外にも使い道があります!

印刷するだけの紙かと思いきや、印刷した上で様々な物を作る人が多く存在しています。一般的な物としては、封筒や便箋、ラッピングペーパーです。お気に入りのデザインを印刷して作るので、世界の1つの作品です。また、ペーパークラフトにも利用され、専用ソフトを使用する事で精密な作品の製作も可能になります。中には、コピー用紙に自分の作品を印刷して、1冊の本にしてしまうような人もいます。厚み、色、風合い、様々なコピー用紙が出回っている現代ならではの利用方法ではないでしょうか。

コピー用紙とインターネットの関係

昔からコピー用紙は存在していましたが、それは会社などで見かける程度であり、一般家庭に置かれている事はそれほど多くありませんでした。しかし、ネットの発達と共にパソコンが進化し、周辺機器のプリンターが進化するにつれて、コピー用紙も家庭に置かれるようになりました。最近は色用紙や印刷できる和紙、印刷できる布などと言う物も誕生しています。コピー用紙の進化と浸透は、プリンターの発展があってこそ。もっと言えば、インターネットの発達があったからこそ、と言って良いかもしれませんね。

コピー機には適切なコピー用紙を宛がわないと、正しく機能しません。サイズ、紙質など、どのような紙が必要か確かめなければなりません。