トラブルを防ぐ!ネットワーク監視の重要性

ネットワークは常につながっているもの

私たちにとってネットワークとは生活に欠かせないものですよね。スマートフォンを持ち歩くことが当たり前になっているように、私たちとネットワークはとても身近な関係になっています。しかし、ネットワーク監視という言葉に馴染みがあるという人は少ないかもしれません。ネットワークは常につながっているものという印象が大きいのも理由でしょう。ネットワークに障害が発生した場合でも、迅速に復旧作業が行われているため、私たちが障害による影響を感じることは少ないからです。

ネットワークは監視が必要なもの

私たちがメールやインターネットなどを快適に利用できるのも、ネットワーク監視が行われているおかげと言っても過言ではありません。ネットワークが止まることなく稼働するためには、監視や保守といったメンテナンスが欠かせません。その中でもネットワーク監視は、トラブルを未然に防ぐという役割を果たしています。仕事の方向性としては警備員のようなものと捉えてもらっても構いません。いくら安定に動作するネットワークだとしても、必ず監視する必要があるでしょう。

ネットワーク監視の仕事とは

ネットワーク監視の仕事について具体的にご紹介しましょう。マニュアルに従って作業する、というのが基本的な仕事になるので、問題が生じたときの判断能力が大事になっています。自らがすべての問題に対処し、解決しなければならないということはありません。技術的に難しい問題の場合は、技術者へ依頼するというケースもあります。また、24時間365日休まず監視を行うために、三交代のシフト勤務体制をとっている会社が多いのも大きな特徴でしょう。

情報管理の一種であるコンフィグ管理を適切に行うためには正しい知識を持ち、不測の事態が生じても速やかに対処できる柔軟性を持つことが重要になります。